September 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

3/18にレベル1のペーパーテストを実施


昨年に続き、3月に開催されるOSC 2006 Tokyo/Springにおいて、LPICレベル1の一斉テスト(ペーパーテスト)が行われます。

▼LPICレベル1 一斉テスト(ペーパーテスト)開催(3月18日)のお知らせ
http://www.lpi.or.jp/whatsnew/20060217.shtml

試験代が14,000円と、通常よりちょっと安めになりますので、都合がつく方は会場で受けてみては?というか、OSCというイベント自体にぜひご参加ください。

LPI-Japan、メルマガ『LPIC Level2を受けてみよう!』発行


LPI-Japanから、今度はレベル2受験者向けのメールマガジンが発行されます。Level2の例題解説、Level2を取得することのメリット、活用の事例などが取り上げられるとのこと。

購読登録のページ:
http://www.lpi.or.jp/mail/index.shtml

国内のLPIC取得者が12000人=世界の6割に


IT Proの記事。

日本のLinux技術者認定が1万2000人突破、世界の6割占める

大手企業を中心に、採用の条件として定着してきたほか、社内の異動でも認定が考慮されるようになってきたという。


この傾向は、昨年あたりからは特にはっきりしてきていると思います。数年前の「えるぴっく?そんな資格があるんですか?」というような反応から考えると夢みたいです(笑)。

LPI試験レベル2標準教科書


先日オーム社より刊行された「LPI試験レベル2標準教科書」を買いました。結論から言えば、LPIC201、202試験の範囲をもっとも忠実にフォローし、もっともコンパクトに、分かりやすさをできるだけ損なわない形で凝縮した良書だと思います。この本を隅から隅まで徹底的にやれば、合格は難しくないでしょう。

ただ、レベル1を終えたばかりのような方だと、少し難しく感じる部分があるかもしれません(ただしこれは他の教材でも大同小異です)。もう少し説明や例が欲しいな、と感じられる箇所もあります。また「教科書」ということで、練習問題の収録数は少なめです。問題をこなしたい場合は他の教科書や問題集と併用するとよいでしょう。

年末年始の受験について


LPICに限りませんが、年末年始はテストセンターが休みになります。受験地によって休業日が異なる場合がありますので、これから受験予約する方はご注意ください。下記で確認することができます。

>アールプロメトリック:(2004/12/20〜2005/1/10)の休業スケジュール
>ピアソンVUE:年末年始の営業日程のお知らせ

<<back|<252627282930
pagetop