September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

情報処理技術者試験申し込み受付開始


平成17年春期の情報処理技術者試験の受付がスタートしました。

試験日は平成17年4月17日(日)。実施されるのは、

システム監査技術者試験 (AU)
テクニカルエンジニア(データベース)試験 (DB)
テクニカルエンジニア(システム管理)試験 (SM)
テクニカルエンジニア(エンベデッドシステム)試験 (ES)
ソフトウェア開発技術者試験 (SW)
初級システムアドミニストレータ試験 (AD)
基本情報技術者試験 (FE)


です。年に2回しかないチャンスなので、当然私も受験します。

願書受付の締切は、紙の願書とインターネット申し込みとで異なります。

郵便局窓口受付:平成17年2月14日(月)まで
インターネット受付:平成17年2月22日(火)午後8時まで(一部を除く)

ソフトウェア開発技術者は、今回から、従来の春期に加えて秋期にも実施、つまり年2回の実施となります。詳しい情報はこちらへ。

最短期間でCCNAをゲットする3つのアイテム


CISCO CCNAはLPICと違って3年間で期限が切れます。そのため、有効期限が切れる前に再度試験を受け直すか、より上位の試験に合格する必要があります。私の場合、CCNPは必要なかろうということで更新試験を受ける予定ですが、試験範囲の内容をかなり忘れている上(^^;、試験対策をする時間もほとんど取れないので、効率的な勉強をせざるを得ません。

ということで、最近の教材をざっと調べていたのですが、たくさんの教材がよりどりみどりであり、とりわけ初心者にとっては「どれが良いのか分からない」状態になってしまうのではないかと思います。そこで、個人的にはこの組み合わせが最強!というパターンを紹介しましょう。

CCNAバーチャルラボ Ultimate NetworkVisualizer4.0



現在のCCNAではシミュレーション問題があるため、自宅にルータがあるか、ルータを自由に触れる環境がなければ、合格はそれだけ難しくなります。かといって勉強のためだけにCISCOルータ(安くはない)を複数台購入することもできません。そこでオススメするのがCCNAバーチャルラボ Ultimate NetworkVisualizer4.0 です。

CCNA対応のルータシミュレータは他にも出ていますが、この製品が決定的であるのは「トポロジーを自在に構成できる」ということに尽きるでしょう。つまり、

・2600ルータ
・Catalyst1900スイッチ
・Catalyst2950スイッチ
・ホスト

を自在に配置して、好きなネットワーク構成を作り、その動作を確認できるわけです(実機と多少異なる部分はありますが)。また、多数のシナリオがあらかじめ用意されているので、シミュレーション問題対策としてはこれ以上の選択肢はないでしょう。試験が終わってからもネットワークの勉強に末永く利用できます。その他の詳細情報はこちら。ご購入はこちらからどうぞ(6%OFF!!)




図解CCNA対策教本スキルアップ問題集 640‐801J対応



CCNA対策の定番書は昔から日経BP社の「CCNA認定ガイド」でしたが、とりわけ初心者には難しく、挫折してしまう人も多いようです。それなら、この本がオススメです。

・原則として見開き単位でひとつの学習項目をこなしていく
・いくつかの項目の後にジャンプ問題があり、まとめて復習できる
・各章の最後にはブレークスルー問題として、章の総まとめができる
・反復学習が出来るよう、以前の学習内容を効率的に配置
・解説文がとても分かりやすい
・図版が豊富
・重要なポイントが明示されていて分かりやすい
・模擬試験問題が収録されたCD-ROMが秀逸

この本もかなりボリュームがありますが、読みやすいので学習が苦にならないです。ただし持ち歩くのは大変です(^^;。




☆徹底攻略 Cisco CCNA教科書 [640-801J]対応



問題を数多くこなすことで試験に慣れたい、という人も多いでしょう。問題集もたくさん出ていますが、オススメはこちら。定番の「黒本」です。問題は豊富で解説も分かりやすく、シミュレーション問題にも対応しています。いくつもの問題集をこなすよりも、これを徹底的に繰り返すのがよいと思います。この本なら楽に持ち歩けます(笑)。

CCNAの更新


LPICは有効期限がありませんが、一般的には有効期限がある資格の方が多いですね。私の持っているCCNAも、来年初めに有効期限が切れてしまいます。

CISCO関連の機器を扱うことはほとんどないので、更新する必要性はあまりないのですが、せっかく取得した資格だから、一応更新しておこうかと。

私が受けたときは640-507でしたが、シミュレーション問題が導入される前という、2世代前の試験です。普段からIOSを扱う機会があるならまだしも、3年近くの間触っていないと、当然ながら片っ端から忘れていくわけで(^^;。

というわけで、IOS操作に慣れるため、定番ソフトのNetwork Visualizer 4.0を買おうと思っています。ゲームソフト買っているより楽しそうだし(笑)。

<<back|<123
pagetop