December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Pleroma のはじめかた(ユーザー篇)

本日発売の日経Linux2018年9月号の特集「はじめてのLinuxサーバー最新レシピ16本」の中で「Pleroma」の項を担当しました。Pleroma はTwitterのようなマイクロブログサービスで、Raspberry Piのような低スペックのマシンでも動作します。ここでは、Pleroma で分散SNSをはじめる方法を紹介します。

## 1.1 PleromaとはどんなSNSか
Pleromaは、Twitterのような短文投稿型のSNSです。文章はもちろん、画像も投稿できます。Twitterのように、他のアカウントをフォローすることで自分のタイムラインを作ります。

Pleromaの画面

Pleromaと同じようなSNSには、2017年にブームが起きたMastodon、日本人開発者が生み出したMisskey、古くから開発が続いているGNU Socialなどがあります。


## 1.2 Pleromaサイトをインスタンスという
Pleromaは複数のサーバーが連携しあってひとつの大きなSNSワールド(Fediverse:連合)を作り出します。個々のPleromaサイト(サーバー)をインスタンスといいます。Pleromaのインスタンスは世界中に数百サイトあり、多くのインスタンスで自由にアカウントを作成できます。

連合SNS


## 1.3 アカウントを登録して参加してみよう
Pleromaがどんなものかを知るには、実際に使ってみるのがいちばんです。筆者が管理しているPleromaインスタンスを例に、アカウントの登録方法を見てみましょう。

Pleromaトップ画面

Webブラウザで「pleroma.ddns.net」にアクセスしてみてください。アカウントを登録するには「登録」ボタンを押します。

アカウント登録画面

右側に規約が書かれているので、目を通してください。ユーザー名(アカウント名)は英数字で指定してください。表示名は日本語でもかまいません。Eメールは、パスワードを忘れた際などに必要となりますので、有効なメールアドレスを入力してください。パスワードは同じ文字列を2箇所に入力してください。プロフィールは後から設定できますので、空欄でもかまいません。必要な入力を終えたら「送信」ボタンを押してください。

アカウント登録画面

登録が完了すると、次のような画面になります。「pleroma.ddns.netからのメッセージを表示しますか?」といったことを尋ねられた場合、「はい」を選択すると、フォローされたりリプライをもらったりしたときにブラウザ内にメッセージが表示されます。

ログイン後の画面

左上の「ちょうどL.A.に着陸しました。」と書かれている欄に文章を入力します。入力できる文字数は、インスタンスによって異なりますが、ここでは500文字となっています(たいていのPleromaインスタンスでは最大5000文字です)。送信ボタンの横にある矢印アイコンをクリックすると、添付画像をアップロードできます。送信ボタンを押すと、メッセージが送信されます。ツイッターなどとは異なり自動的にタイムラインは更新されませんので、更新ボタンを押すと投稿メッセージがタイムラインに表示されるはずです(設定で変更できます)。


## 1.4 プロフィールを設定しよう
名前横の歯車ボタンを押すと、ユーザー設定画面になります。

ユーザー設定画面

アカウント登録時にプロフィールを空欄にしていた場合は、ここでプロフィールを登録しましょう。プロフィール登録は必須ではありませんが、興味のあることを列挙しておくと、それに基づいて「Who to follow」欄におすすめユーザーが表示されるようになっています。プロフィールは、テキスト入力欄の下にある「Restrict your account to approved followers only」にチェックを入れると、フォロワーにのみ公開されるように設定できます。また、自分のアバター(アイコン画像)も設定しましょう。「参照」ボタンを押して画像ファイルを選択し、送信ボタンを押すと設定できます。

「プロフィールバナー」は、自分のプロフィール欄(画面の左上やタイムライン内)の背景として表示されます。また「プロフィールの背景」は、自分のプロフィールが表示されたとき、ブラウザの背景として表示されます。空欄でもかまいません。

プロフィールバナー、背景の設定

「Change Password」欄はパスワードを変更する際に使います。「Current password」欄に現在のパスワードを入力し、「New password」「Confirm new password」欄それぞれに新しいパスワードを入力し、送信ボタンを押します。

パスワードの設定、フォローデータの管理

「フォローインポート」は、フォローするユーザーをCSファイルからインポートできます。Mastodonなど他の連合SNSでエクスポートしたデータが利用できます。その下の「Follow export」は、現在フォローしているユーザーのリストをCSVファイルにエクスポートします。他のSNSに移動する際に使ってください。フォローエクスポートは、バックアップとして、できれば定期的に行った方がよいでしょう。

いちばん下には「Delete Account」があります。アカウントを削除したいときに使いますが、連合SNSでは、アカウントの削除で他のサーバーに負荷がかかることがあります。そのため、インスタンスによってはアカウントの削除を申請制にしているところもあります。そういったインスタンスでは、管理者にアカウント削除を要求してください。



## 1.5 トップ画面の使い方
Pleromaにはタイムラインが4種類あります。



タイムライン自分および自分がフォローしている人の投稿が表示される
メンション自分の投稿へのリプライやリピートが表示される
公開タイムライン同じインスタンスのユーザーによる投稿やリピートが表示される
接続しているすべてのネットワーク同じインスタンスのユーザーがフォローしている人すべての投稿が表示される(連合タイムライン)


タイムラインは、それぞれをクリックすると切り替えられます。最初は何が違うのか分かりづらいと思いますが(とりわけフォローしている人がいない場合はそうです)、使っているうちに分かってくると思います。なお、スマホで見たときは次のような表示になります。タイムラインを切り替えるには「タイムライン」ボタンを押して切り替えてください。

スマホのWebブラウザでの画面例

Mastodonっぽい画面にすることもできます。「Mastodon FE」をクリックすると、次のような画面になります。

Mastodon FE

Mastodonに慣れた人にはおなじみの画面です。もとの画面(Pleroma FE)に戻るには、URLを直接編集するか、ブラウザの「戻る」ボタンを使ってください。

通知欄には、リプライやフォロー、リピート(ツイッターでのリツイートに相当)の通知が表示されます。執筆時点では、ブラウザによっては一度確認した通知が何度も表示されてしまうことがあります。

画面右上には3つのアイコンが並んでいます。いちばん左のアイコンをクリックすると、ユーザー検索欄が表示されます。ユーザー名を入力して検索できますが、検索対象は同じインスタンス内のみで、ユーザー名は完全一致でないとマッチしません。将来的な機能改善を期待しましょう。

ユーザー検索

なお、Mastodon FEに切り替えると、そちらの検索欄では他のインスタンスのユーザーも検索できます。「@ユーザー名@インスタンスのドメイン名」「#ハッシュタグ」などの検索パターンが使えます。

MastodonFEユーザー検索

真ん中の歯車アイコンをクリックすると、テーマなどの各種設定画面になります。

各種設定画面1

テーマは「Pleroma Dark」(デフォルト)、「Pleroma Light」「Classic Dark」「Bird」「Ir Black」「Monokai」「Mammal」から選択できます。また、文字の色やインターフェースの縁の丸さなども調整できます。

「フィルタリング」は、見たくない文字を入力しておくと、その文字が含まれるメッセージをミュートして表示されないようにします。1行に1つずつ単語を入力してください。

各種設定画面2

いちばん下の「ファイル設定」は、添付ファイルなどの表示をどうするか設定します。説明が必要なのは「NSFWファイルの非表示を有効にする」でしょう。NSFWとは「Not Suitable For Work」(職場では不適切)の意味で、成人向け画像などに使われます。チェックを入れておくと、タイムライン上では画像が表示されずに18禁マークが表示されます。そのマークをクリックすると画像が表示されます。

なお、Pleroma FEでは、今のところNSFWの設定ができません。NSFWが必要な画像を投稿するときは、「#NSFW」というハッシュタグを使うか、Mastodon FEに切り替えて、そちらで投稿してください。

ところで、画面右下には常に「チャット」が表示されています。このチャットはインスタンス内専用のチャットシステムです。メッセージを投稿すると外部から閲覧可能になりますが、チャットに投稿したメッセージはインスタンス内のユーザーにしか見ることができません。仲間内で会話するときに利用するとよいでしょう。なお、インスタンスによってはチャット機能を停止している場合もあります。

チャット


1.5 Pleromaの楽しみ方
このまま日記的に使ってもかまいませんが、SNSなので他のユーザーをフォローしてみましょう。Pleromaユーザーだけではなく、MastodonユーザーもGNU Socialユーザーもフォローできます。とはいっても、フォローしてみたいと思えるアカウントを見つけるにはどうすればよいでしょうか。いくつか方法を挙げてみます。

* 「接続しているすべてのネットワーク」タイムラインの流れから探す
* マストドン検索ポータルで全文検索をしたりハッシュタグランキングを参考にする
* 誰かがフォローしている人をたどってみる
* 左側のペインにある「Who to follow」を参考にする

楽しみ方はいろいろです。ライフログに使うもよし。知り合いを増やしてみるのもよし。魂の叫びをひたすら書き込むのもよし(規約に反しない範囲でね!)。スマホからアクセスするには、Mastodon用のアプリ(Tusky、Subway Tooter、Mastalab、Pawooなど)が使えますので、試してみてください。


pagetop