June 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

第3回「Squidの設定(1)」


今回と次回はプロキシサーバSquidを取り上げます。

今回はSquidの一般的な設定を取り上げる。/etc/squid/squid.confの主な設定項目は以下のとおり。

http_port 8080
 リッスンするポート番号。デフォルトは3128。
icp_port 0
 分散キャッシュ用ポート。0を指定すると無効になる。
cache_mem 20M
 キャッシュメモリのサイズ。大きくするとパフォーマンスが向上するが、 スワップが発生しない程度に。
maximum_object_size 8192
 キャッシュする最大のオブジェクトサイズ(KB単位)。デフォルトは4MB。大きなサイズのファイルダウンロードが頻繁にある場合などは指定すると効果的。
minimum_object_size 0
 キャッシュする最小のオブジェクトサイズ。デフォルトは0KB=すべてキャッシュ。
maximum_object_size_in_memory 32
 メモリ上の最大オブジェクトサイズ。あまり大きくするとメモリを占有してしまう。デフォルトは8KB。
ipcache_size 1024
 DNS参照をして取得したIPアドレスをキャッシュする期間。
fqdncache_size 1024
 DNS参照をして取得したFQDNをキャッシュする期間。
cache_dir /var/spool/squid 1000 16 256
・ディレクトリ
 キャッシュを格納するディレクトリ。
・サイズ
 キャッシュを保存する容量(MB単位)
・キャッシュディレクトリ数
 キャッシュを格納するディレクトリの数。
・キャッシュサブディレクトリ数
 上記ディレクトリの中に作成されるサブディレクトリ数
※cache_dirは複数記述できるので、複数のディスクに分けて設定すると負荷分散になる。
cache_access_log /var/log/squid/access.log
 クライアントからのアクセスログ。noneで無効化。
cache_log /var/log/squid/cache.log
 キャッシュ状況のログ。
cache_store_log /var/log/squid/store.log
 ストレージマネージャのログ。削除されたオブジェクトや保存されたオブジェクトなどの情報。noneで無効化。
ftp_user anonymous@lpic.jp
 匿名FTPサーバに接続する際のパスワード。
cache_mgr admini@lpic.jp
 管理者のメールアドレスを指定。
dns_nameservers 172.16.0.1 10.0.0.1
 /etc/resolv.conf以外に参照するネームサーバを指定。
visible_hostname px.lpic.jp
 エラーメッセージに出力されるホスト名を指定。

pagetop