September 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

危険な文字列“:() { :|:& }; :”

タイトルにあるのは、シェル(bash)上で実行するとコンピュータをハングアップさせてしまう危険な文字列です。一見すると、何が書かれているのか分かりにくいので、少しずつ解読してみましょう。

まず、これはシェル関数を定義する書式です。LPIC1でも出てきますね。

 

 関数名() { 関数の定義 };

 

定義する関数名は「:」です。関数の実行部分は「:|:」となっています。定義された関数自身を再帰的に使っていて、「:」の出力をパイプで自分自身(「:」)につなぐ形となっています。末尾に「&」があるのでバックグラウンドで動作します。ここまでが関数の定義です。

そして、ここで定義した「:」は、最後の「:」で実行されます。そして再帰的に「:」が実行され…あとは分かりますね?

関数は用量・用法を守って正しく使いましょう。

Linuxコマンドの使い方一覧(CentOS 7版)を掲載しました

代表的なコマンドの実行例をまとめた「Linuxコマンドの使い方 - Linux command usage -」のCentOS 7版を公開しました。基礎コマンドを理解しているかチェックしたいとき、コマンドの使い方をど忘れしてしまったときなどにお役立てください。

LinuxをインストールできないPCが増える?

LenovoのPCでLinuxがインストールできない、というニュースが出ていますが、

Lenovo: 一部ノートブックPCからLinuxのインストールを規制

LenovoのWindows 10 Signature Edition PCにLinuxのインストールを妨害する機能が発覚

これはLenovoのせいというよりIntelの仕様とのことです。

LenovoのWindows 10 Signature EditionがSATAがRAIDモードに固定されているのはIntelのせい

IntelのAHCIドライバーを確実に使わせるために、MicrosoftのAHCIドライバーが対応していないRAIDモードを有効にしているのだという

という理由が納得しがたいですが、いずれにしろ、Linuxをインストールできない、もしくはインストールの敷居が高いPCは今後も増えていきそうな気がします。

PC購入時にOSを選ぶことができるのが当たり前になればいいのですが。

LinuxWORLD/Linuxカンファレンス2005


今年もLinuxWORLDLinuxカンファレンスが開催されます。6月1日(水)〜3日(金)まで、東京ビッグサイトにて。今年は初日あたりに行ってみようかな、と思ってます。

WBEL4リリース


White Box Enterprise Linux 4がいつの間にかリリースされています(^^;。4月末までのRHEL4のERRATAに対応しているとのこと。

12>|next>>
pagetop