June 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

危険な文字列“:() { :|:& }; :”

タイトルにあるのは、シェル(bash)上で実行するとコンピュータをハングアップさせてしまう危険な文字列です。一見すると、何が書かれているのか分かりにくいので、少しずつ解読してみましょう。

まず、これはシェル関数を定義する書式です。LPIC1でも出てきますね。

 

 関数名() { 関数の定義 };

 

定義する関数名は「:」です。関数の実行部分は「:|:」となっています。定義された関数自身を再帰的に使っていて、「:」の出力をパイプで自分自身(「:」)につなぐ形となっています。末尾に「&」があるのでバックグラウンドで動作します。ここまでが関数の定義です。

そして、ここで定義した「:」は、最後の「:」で実行されます。そして再帰的に「:」が実行され…あとは分かりますね?

関数は用量・用法を守って正しく使いましょう。

Kindle版『コンパクトリファレンスLPIC1』改訂しました

個人的に制作しているKindle版『コンパクトリファレンスLPICレベル1』を4年ぶりに改訂し、バージョン4.0対応としました。LPICレベル1の受験前に効率よく直前対策ができるよう、要点と暗記ポイントを厳選してピックアップ。Linux操作のリファレンスにも役立つよう、コマンドの実行例も以前の版よりも増やしました。



※ご購入時期によって古いバージョンが配信されてしまったかもしれません。その場合でも、Amazonアカウントサービスの「コンテンツと端末の管理」で「本の自動更新」が有効になっていれば、自動的に最新バージョンが配信されます。また、2012年以降の初版をご購入の方も最新バージョンにアップされます。

LPICレベル2がバージョン4.5へ

2017年2月13日から、201/202試験の新バージョン4.5が受験可能になりました。旧試験(バージョン4.0)は今年8月12日まで受験可能です。出題範囲の詳細と、バージョン4.0と4.5の差分情報は、LPI Japanのサイトで見ることができます。

LPIC-2 出題範囲

主な変更点は次のとおりです。

  • SysVinitに加えsystemdを追加
  • ブートローダーliloを削除
  • ファイルシステムにBtrfsを追加
  • メールのフィルタリングがprocmailからSieveへ
  • Sambaは4.x対応に
  • Apacheは2.4対応に
  • UEFI、NVMe、DKMS、IPv6、DANE、SSSDといった知識の追加

旧試験範囲だけの勉強でも合格できなくはなさそうですが、新試験で受験する方は、出題範囲をしっかりと確認しておきましょう。

【レビュー】『入門者のLinux』

レビュー
まったくのLinux(Unix)初心者をターゲットとしたLinux入門書がBLUE BACKSから登場。以前から新書サイズのLinux入門書があればいいのになあ、と思っていたので、ワクワクしながら購入。

これまでコマンドなんてまったく縁もなかったような初心者が対象ということで、とても丁寧に書かれています。とりわけ、初心者が疑問に感じそうなポイントがことごとくQ&Aで取り上げられているのに感心。本書に沿ってコマンドを実際に入力しながら読み進めることで、着実にLinuxのコマンド操作になじむことができるはずです。たんなるコマンドの使い方にとどまらず、なぜこういった機能が必要なのか、なぜこのやり方がよいのか、といった、Unix系OSの基礎的な素養が身につけられます。シェルコマンドやAWKを使ったワンライナー、シェルスクリプトの基礎まで紹介しています。

コマンドの実行環境に想定しているのはUbuntu 16.04とRaspbian。セレクションとしてはよいのですが、その環境を用意するのが初心者にとっては難しいかも。仮想環境やデュアルブートも紹介されているものの、インストールの紹介はちょっとあっさりしすぎている印象を受けました(Webで調べればよいという割り切りでしょう)。

学校や仕事でLinuxを使うことになった、というときに、本書をざっと読んでおくと役に立つはずです。

こんな人におすすめ
・これからLinuxを操作することになった
・難しくないLinux入門書がほしい
・手軽に持ち運べるLinuxの入門書がほしい

入門者のLinux 素朴な疑問を解消しながら学ぶ (ブルーバックス)
奈佐原 顕郎 講談社 売り上げランキング: 15,428

Bash on Ubuntu on Windows本が出ました

秀和システムより『ちょっとだけLinuxにさわってみたい人のための Bash on Ubuntu on Windows入門』が発売されました。WindowsでLinuxコマンドが使えるようになる、Windows 10の新機能「Bash on Ubuntu on Windows」(WSL)を使って、Linuxコマンドを基礎から勉強しつつ、応用がききそうなシェルスクリプトなどを勉強します。Webサーバーを動かしたり、X Window Systemを導入したりといった、ちょっとチャレンジングなことも取り上げています。

なお、Bash on Ubuntu on Windowsブログも毎日更新していますので、こちらもどうぞよろしく。LinuxコマンドのTipsとしても役立ちます。

ちょっとだけLinuxにさわってみたい人のための Bash on Ubuntu on Windows入門
中島能和 秀和システム 売り上げランキング: 328,532

12345>|next>>
pagetop